スパッタリング薄膜の基礎と制御技術について講演しました!

8/28 「スパッタリング薄膜の基礎と制御技術〜具体的なトラブル対策を含めて〜」

       (2019年8月28日・主催:株式会社TH企画セミナーセンター)

     ドライコーティングのメリット、なぜ真空装置が必要なのか、膜ができる仕組み、

     原子、分子の作り方、膜質の調整方法、プロセスのモニタの方法と意義、

     膜の評価と設計、スパッタプロセスの定性的説明、スパッタプロセスの定量的説明、

     roll to rollドライコーティングの課題、など

     スパッタリング薄膜の基礎と制御技術について講演しました。

静電気について講演しました!

加工技術研究会

コンバーティングテクノロジーセミナー2018

「ものづくりの現場で役立つ静電気の知識と知恵」について2日間講演しました。

11/13(火)大阪

11/14(水)東京

親撥パターンへの無電解めっき試作結果を更新しました!

エッチングレスで高精細な銅回路パターンを作成

12/26

 幣社独自のフッ素系ドライ撥水処理技術を用い、紫外線による親水化と無電解めっき技術を組み合わせることにより高精細な銅パターンを作成しました。

 メタルメッシュ透明導電膜、ICタグ、フレキシブルセンサ回路などへの応用が期待されます。

スパッタリング・蒸着プロセスについて講演しました!

7/5 「スパッタリング・蒸着プロセスの基礎とトラブル対策」

      (2017年7月5日・東京・主催:株式会社日本テクノセンター)

    スパッタリング・蒸着プロセスの基礎を解説すると共に、生産現場でのトラブル解決の

    ヒントになるよう、実際の生産プロセスでみられるトラブルの対策のために解説してきた

    事例を盛り込みました。

スパッタリング・蒸着薄膜について講演しました!

6/9 「スパッタリング・蒸着膜の基礎から膜質向上法・ありがちなトラブル対策」

    (2017年6月9日・東京・主催:株式会社情報機構)

    スパッタリング・蒸着薄膜の基礎から膜質向上法・ありがちなトラブル対策

    までを解説しました。

     内容:なぜドライコーティングなのか?、なぜ真空装置が必要なのか?、

     膜ができるしくみ、原子、分子の作り方、スパッタの原理と膜質の調整方法、

     roll to rollドライコーティングの課題、基材からのアウトガス対策、

     プロセスのモニタの方法と意義、膜の評価と設計、など

第80回新無機膜研究会にて講演を行いました!

11/11「フィルム基材が無機膜作成プロセスに及ぼす影響と対策」

     (2016年11月11日・龍谷大学 瀬田キャンパス:主催・新無機膜研究会)

     フレキシブルデバイスの性能は、フィルム基材の使いこなし方に大きく左右されます。

     今回は、高分子フィルムやR-Rプロセスならではの事象を例に、対策方針などを紹介

     しました。

静電気について講演しました!

2/29 「静電気の基礎とフィルム分野における静電気対策のポイント」

     (2016年2月29日・東京・主催:サイエンス&テクノロジー株式会社)

     フィルム製造・加工プロセス特有のトラブルに対処するには?

     今回は、フィルムプロセスに対象を絞り、静電気の基礎から現場で使える

     具体的な知識まで解説しました。

スパッタリング・蒸着薄膜について講演しました!

2/12 「スパッタリング・蒸着薄膜の基礎から膜質向上法・ありがちなトラブル対策」

     (2016年2月12日・東京・主催:株式会社情報機構)

     スパッタリング・蒸着薄膜の基礎から膜質向上法・ありがちなトラブル対策まで

     解説しました。

     内容:なぜドライコーティングなのか?、なぜ真空装置が必要なのか?、

     膜ができるしくみ、原子、分子の作り方、スパッタの原理と膜質の調整方法、

     roll to rollドライコーティングの課題、基材からのアウトガス対策、

     プロセスのモニタの方法と意義、膜の評価と設計、など

コンバーティング技術相談窓口のアドバイザーを担当しました!

1/27「コンバーティングテクノロジー総合展」

    (2016年1月27日〜29日・東京ビッグサイト東ホール・主催:(株)加工技術研究会)

    新機能性材料展のコンバーティング技術相談窓口にて、アドバイザーを務めました。

    「この加工はどこに頼めばよいのか?」「このトラブルを解決するにはどうすればいい

    のか?」など、皆様の抱えている課題や質問相談に対応させていただきました。

静電気について講演しました!

7/9 「フィルム製造・加工工程における静電気現象と対策」

     (2015年7月9日・大阪・主催:株式会社R&D支援センター)

     フィルム製造・加工工程には、そのプロセスや設備に起因する特徴的な

     帯電気現象が関与しています。そして、その特殊性と複雑さにより、基本

     的な理解が進まず、対策に苦労されている事例が多いようです。

     今回はフィルムプロセスに対象を絞り、静電気の基礎から現場で使える

     具体的な知識までを解説しました。

スパッタリング・蒸着薄膜について講演しました!

2/24 「はじめてのスパッタリング・蒸着薄膜」

     (2015年2月24日・東京・主催:株式会社情報機構)

     スパッタリング・蒸着薄膜の基礎から、膜の調整・評価法、実務に役立つ

     ポイントまでを解説しました。

静電気について講演しました!

1/30 「フィルム製造・加工工程における静電気現象と対策」

     (2015年1月30日・東京・主催:サイエンス&テクノロジー株式会社)

     フィルムプロセスに対象を絞り、静電気の基礎から現場で使える具体的な知識まで

     解説しました。

     内容:静電気の概要、帯電現象の基礎、フィルム製造工程特有の帯電現象、

     真空蒸着工程での静電気現象、除電気の基礎と使い方、静電気の管理、など

第80回新無機膜研究会にて講演を行いました!

11/11「フィルム基材が無機膜作成プロセスに及ぼす影響と対策」

     (2016年11月11日・龍谷大学 瀬田キャンパス・主催:新無機膜研究会)

     フレキシブルデバイスの性能は、フィルム基材の使いこなし方に大きく左右されます。

     高分子フィルムやR-Rプロセスならではの事象を例に、対策方針などを紹介しました。

静電気について講演しました!

6/11 「フィルム製造・加工工程における静電気現象と対策」

      (2014年6月11日・大阪・主催:株式会社R&D支援センター)

     フィルム製造・加工工程には、そのプロセスや設備に起因する特徴的な

     帯電現象が関与しています。

     今回はフィルムプロセスに対象を絞り、静電気の基礎から現場で使える

     具体的な知識まで解説しました。

スパッタリング・蒸着プロセスについて講演しました!

4/23 「はじめてのスパッタリング・蒸着プロセス」

     (2014年4月23日・東京・主催:株式会社情報機構)

     スパッタリング・蒸着プロセスをテーマに、原理・装置から膜質の調整、

     膜の評価・設計法までを解説しました。

ドライコーティングについて講演しました!

4/10 「フィルムのドライコーティング技術 徹底解説」

      (2014年4月10日・東京・主催:株式会社電子ジャーナル)

     タッチパネルや太陽電池などで広く使われているロールtoロール方式の

     スパッタを中心に、フィルムのドライコーティング技術をはじめ、生産現場

     での諸問題についても解説しました。

プリンタブルエレクトロニクスの真価と課題について講演しました!

3/19 関西コンバーティングものづくり研究会 2013年度第4回定例会

     (2014年3月19日・大阪・主催:関西コンバーティングものづくり研究会)

     プリンタブルの特徴ではないはずなのに、なぜか混同されているような気がする

     フレキシブルデバイスやR2Rプロセス。

     そこで今一度、プリンタブルの価値とドライプロセスとの比較により、

     何が期待される価値で、どこに課題が残っているのかを挙げてみました。

静電気について講演しました!

12/5 「フィルム製造・加工工程における静電気現象と対策 スキルアップセミナー」

      (2013年12月5日・大阪・主催:サイエンス&テクノロジー株式会社)

      フィルムプロセスに対象を絞り、静電気の基礎から現場で使える具体的な知識まで

      解説しました。

薄膜技術における分析・評価について講演しました!

7/5 ライスボールセミナー「分析技術が拓く太陽電池の新材料開発」

    (2013年7月5日・立命館大学BKC・主催:立命館大学総合科学技術研究機構、

     立命館グローバル・イノベーション研究機構)

     産業界からの要望として「薄膜技術における分析・評価−研究から生産まで−」

     をテーマに講演しました。

薄膜太陽電池の可能性についてパネルディスカッションを行いました!

4/26 エネルギー研究拠点シンポジウム「高効率薄膜太陽電池の未来と立命館大学」

     (2013年4月26日・立命館大学BKC・

      主催:立命館グローバル・イノベーション研究機構)

     「薄膜太陽電池の可能性」をテーマに、弊社が取り組む1ステップスパッタ法や、

     今後の課題について、パネルディスカッションを行いました。

 

ドライコーティングについて講演しました!

4/11 「フィルムのドライコーティング技術 徹底解説」

      (2013年4月11日・東京・主催:株式会社電子ジャーナル)

      タッチパネルや太陽電池などで広く使われている

      ロールtoロール方式のスパッタを中心に、

      フィルムのドライコーティング技術について解説しました。

エレクトロニクスデバイスの動向について講演しました!

3/19 第2回関西コンバーティングものづくり研究会 発足プレイベント

      (2013年3月19日・大阪・主催:関西コンバーティングものづくり研究会)

      「コンバーティングとエレクトロニクス」をテーマに、

      エレクトロニクスにおいて大きな比重を占めつつあるタッチパネルや

      有機ELの最新動向について講演しました。

ハイバリア蒸着フィルムの成膜、コーティング技術について講演しました!

3/5 「ハイバリア蒸着フィルムの成膜、コーティング技術

      −バリア性発現の基本・設計通りのバリア性を得るために−

     (2013年3月5日・大阪・主催:サイエンス&テクノロジー株式会社)

     ポーリマーフィルムのガス透過性、フィラー添加効果、コーティングによる

     透明バリア膜の付与、ロール・ツー・ロール法の課題、など、

     ガスバリアの原理と実際の製造プロセスでバリア性を支配する要因について

     解説しました。

関西コンバーティングものづくり研究会へのリンクを追加しました。

4月発足に向けて、現在各種プレイベント開催中です!

ドライコーティングについて講演しました!

12/6 「ドライコーティングの必須知識&活用技術」

      (2012年12月6日・東京・主催:サイエンス&テクノロジー株式会社)

      なぜドライコーティングなのか、なぜ真空装置が必要なのか、膜ができる仕組み、

      原子、分子の作り方、膜質の調整方法、プロセスのモニタの方法と意義、

      膜の評価と設計、など、ドライコーティングの必須知識と活用のためのポイントを

      解説しました。

スパッタリングに関するJAXAとの共同研究について発表しました!

12/4 「第28回宇宙構造・材料シンポジウム」

      (2012年12月4日・神奈川県相模原市・主催:JAXA宇宙科学研究所)

      スパッタリングによる薄膜積層構造の曲率管理手法に関する

      JAXAとの共同研究について発表しました。

スパッタリング・蒸着プロセスについて講演しました!

10/10 「はじめてのスパッタリング・蒸着プロセス入門

       〜なぜドライコーティングなのか?初歩からわかる原理と特徴〜」

      (2012年10月10日・東京・主催:(株)情報機構)

      なぜドライコーティングなのか?なぜ真空装置が必要なのか?をはじめ、

      膜ができるしくみ、原子、分子の作り方、膜質の調整方法、

      プロセスのモニタの方法と意義、膜の評価と設計、などを解説しました。

静電気についての執筆を担当しました!

8/30 『フィルムの加工トラブル対策技術〜歩留向上への指針書〜』

      (発行:サイエンス&テクノロジー株式会社)

      「第7章 フィルム製造・加工プロセスにおける静電気防止対策」にて、

      各プロセスにおける帯電実例および防止策についての執筆を担当しました。

静電気について講演しました!

6/28 「現場に落としこめる静電気対策&除電技術の必須知識

       スキルアップセミナー」

      (2012年6月28日・東京・主催:サイエンス&テクノロジー株式会社)

      静電気の原理、よくある誤解、トラブル事例、除電方法など、

      フィルムの製造、加工工程における事例を中心に解説しました。

ガスバリアフィルムについて講演しました!

6/12 「ガスバリアフィルム

       〜バリア性の向上と欠陥防止、最新動向、応用展開〜」

      (2012年6月12日・東京・主催:(株)情報機構)

      材料・方法別バリア設計の考え方からロールtoロール法の課題まで

      解説しました。

「MATERIAL STAGE」に掲載されました!

4/23 月刊「MATERIAL STAGE」4月号(発行:(株)技術情報協会)p40〜44にて、

           タッチパネル、スマートフォン関連マテリアルについての執筆を担当しました。

フィルムのドライコーティング技術について講演しました!

4/19 【Electronic Journal 第1215回 Technical Seminar】

      (2012年4月19日・東京・主催:(株)電子ジャーナル)

     「フィルムのドライコーティング技術の最新動向」をテーマに、

     タッチパネルや太陽電池などで広く使われている

     ロールtoロール方式のスパッタを中心に解説しました。

「コンバーテック」連載、最終回!

4/15 約1年にわたり担当させていただいた、

      コンバーティング総合情報誌「コンバーテック」(発行:(株)加工技術研究会)の

           連載が、無事(?)最終回を迎えました。ご精読ありがとうございました。

ドライコーティング技術について講演しました!

2/20 【Electronic Journal 第1125回 Technical Seminar】

      (2012年2月20日・東京・主催:(株)電子ジャーナル)

     「ドライコーティング技術の最新動向徹底解説」をテーマに、

     スパッタリング技術を中心に、ドライコーティングの基礎、スパッタリングプロセス、

     アウトガス対策、合金および化合物のスパッタ、CVDの特徴や新たな可能性に

     ついて解説しました。

透明導電フィルムについて講演しました!

2/16 【新機能性材料展テクニカルフォーラム2012】

     (2011年2月15〜17日・東京・主催:(株)加工技術研究会)

     フィルムベースエレクトロニクスの透明導電フィルムセッションにて、

     「透明導電フィルムの応用アプリケーション」について講演しました。

ハイバリアフィルムについて講演しました!

2/15 【新機能性材料展テクニカルフォーラム2012】

     (2011年2月15〜17日・東京・主催:(株)加工技術研究会)

     フィルムベースエレクトロニクスのハイバリアフイルムセッションにて、

     「エレクトロニクス用ハイバリアフィルムの材料と技術」について講演しました。

「印刷雑誌」に掲載されました!

1/23 「印刷雑誌」2月号(発行:(株)印刷学会出版部)p19〜21にて

      【軟包装と静電気―誤解から正しい知識へ―】として、

      静電気、帯電、放電 をキーワードに解説した記事が掲載されました。

講演内容が紹介されました!

1/17 昨年10月のグラビア研究会第8回研究例会の講演内容が

     「コンバーテック」(1月号p42〜44)に掲載されました。

講演内容が紹介されました!

1/10 昨年10月のグラビア研究会第8回研究例会の様子が

     「日本印刷学会誌」(48巻6号p54〜57)に掲載されました。

ドライコーティング技術について講演しました!

12/6 「フレキシブルエレクトロニクス Roll to Rollプロセスのためのフィルムの

       ドライコーティング技術」(2011年12月6日・東京・主催:(株)情報機構)

      スパッタ・CVD他プロセスの原理からアウトガスはじめトラブル対策・最新

      動向までを解説しました。

静電気について講演しました!

12/5 【Electronic Journal 第1022回 Technical Seminar】

      (2011年12月5日・東京・主催:(株)電子ジャーナル)

     「フィルム製造工程における静電気対策」をテーマに、

     現場で使える静電気の知識・ノウハウを解説しました。

講演内容が紹介されました!

11/28 先月10月のグラビア研究会第8回研究例会の講演内容が

      「GP JAPAN」(11月号p6〜9)に掲載されました。

講演内容が紹介されました!

11/21 先月10月のグラビア研究会第8回研究例会の講演内容が

      「印刷雑誌」(第94巻第12号・12月号p60)に掲載されました。

静電気について講演しました!

【グラビア研究会第8回研究例会】

10/4 「環境とユーザーのためにグラビア印刷はどのように発展していくか」

      (2011年10月4日・東京・共催:(社)日本印刷学会技術委員会グラビア研究会

       関東グラビア協同組合)

       にて、グラビア印刷における静電気現象と対策のポイントについての講演を

      担当しました。

静電気について講演しました!

7/15 【フィルム製造・加工工程における静電気現象と対策スキルアップセミナー】

      (2011年7月15日・東京品川区・主催:サイエンス&テクノロジー株式会社)

      にて、静電気について講演しました。

静電気について講演しました!

4/21【“現場力”向上セミナー第1弾】

    「コーティングの歩留まり改善と技術−静電気と濡れ性改善の

     アプローチから考える−」

    (2011年4月21日 大阪市 主催:(株)加工技術研究会)

     にて、静電気のメカニズムとそのトラブル対策について解説しました。

コンバーティング総合情報誌「コンバーテック」に連載中です!

(株)加工技術研究会発行の『コンバーテック』に、

【フィルムベースエレクトロニクス

−プロセス、材料、設備の新しい融合による新しいデバイスの創出に向けて−】

を連載中です。

◆第1回【ドライプロセスは高コストか】(2011年6月15日発行)

 1.コンバーティング発展の方向性 2.ウェットコーティングorドライコーティング

 3.ドライは高コストか 4.まとめ

◆第2回【タッチパネルは新たな顧客を創造できるか】(2011年7月15日発行)

 1.タッチパネルの進化と今後の展開 2.タッチパネルに求められるもの

 3.iPhoneのタッチパネルはスゴイのか 4.抵抗膜式か静電容量式か

 5.ITO代替は進むのか 6.今後の展開への期待

◆第3回【フレキシブル太陽電池+コンバーティング技術で新用途を】(2011年8月15日発行)

 1.フレキシブル太陽電池の可能性 2.シリコンから化合物へ 3.化合物型の課題

 4.ウェットかドライか 5.フレキシブル太陽電池市場をいかに創造するか

◆第4回【転写はコンバーティングの醍醐味だ】(2011年9月15日発行)

 1.基材への要求 2.発想の転換 3.転写によるパターン形成 4.離型シート

 5.今後の展開への期待

◆第5回【有機こそもっとドライに】(2011年10月15日)

 1.有機薄膜のドライコーティング 2.蒸着法 3.重合法 4.スパッタ法 5.まとめ

◆第6回【酸化亜鉛系材料によるITO代替に向けて】(2011年11月15日)

 1.透明導電膜の種類 2.液晶産業が牽引したITO量産技術 3.何が本当の課題なのか

 4.実用化への新たな提案 5.今後起こり得る変化への対応

◆第7回【スパッタの課題と今後の展開】(2011年12月15日)

 1.何故スパッタが選ばれるのか 2.ダメージの制御が課題 3.最近の対策事例

 4.今後の展開への期待

◆第8回【フッ素系ドライコーティングの可能性】(2012年1月15日)

 1.フッ素系材料の特徴と課題 2.各種フッ素材料の構造 3.スパッタ法によるCF

 4.CVD法によるCF膜 5.期待される用途 6.今後の方向性と期待

◆第9回【グラフェンの可能性】(2012年2月15日)

 1.彗星のごとく? 2.何がスゴイのか? 3.成膜方法 4.今後の方向性と期待

◆最終回【銅を使いこなすために】(2012年4月15日)

 1.銅線と銅箔 2.銅めっきの神秘 3.転写箔 4.競合技術 5.最後に

静電気の可視化画像を追加しました!

7/29 カラートナーによるフィルムの帯電状態の可視化の例を掲載しました。

     帯電状態の可視化、解析ご希望の方はお問い合わせ下さい。

「軟包装通信」への連載記事UP!

7/27 (株)日報アイ・ビー社さんの「軟包装通信」に連載させて頂いている記事

      UPしました。

      第10回目指して苦手の作文に取り組んでいます。

ホームページ更新しました!

7/20 事業内容見直しに伴いホームページを更新しました。